8月17日 仙台湾一つテンヤ&スロージギングガイド(^_-)-☆

17日は、一つテンヤでの釣りの経験値を上げるため、私もエビ餌2袋を準備して出船しました(^_^)v

前回と同様、しとしと雨の中での釣りかと思っていましたが、昼前には晴れ上がり、穏やかな海況での釣りに…σ(^_^;

一つテンヤが初めての遠藤さん、初めは要領を掴めない感じでしたが、一匹釣ると分かりかけたようで、超ビッグフィッシュをヒット!(^^)!

かなり時間を掛けて丁寧にやり取りしましたが、最後はリーダーがブレイク…(>_<)

一つテンヤのタックルでは穫るのが難しい魚でしたね…(´・ω・`)

デカい青物か真鯛か、って感じでしたが、魚、見たかったですね…(~o~)

私も一つテンヤ縛りで1日釣りをさせて頂きましたが、カレイも一つテンヤだと、こんなに大きいのが釣れるんですね…σ(^_^;

1枚は、60センチもありました…(*^_^*)

数も、サバ、カナガシラと同様に沢山釣れましたm(__)m

釣れた魚は、カレイ各種、アイナメ、カナガシラ、クロソイ、サバ、シイラ、ワカシ、フグ各種、と飽きないくらいのアタリがありましたo(^-^)o

一つテンヤという釣り、ルアーフィッシングと餌釣りの両方の要素を兼ね備えていて、アタリを確実にとって、アワセを決めなければ魚はキャッチ出来ません…σ(^_^;

エビ餌のセットはワーム以上にデリケートで難しいですし、だいたいの場合、その時に合ったアクションをさせないと魚は食ってきてくれません…(ノ^^)ノ

うちのお客さんでも、やってみたいと思ってた方が沢山いらっしゃったみたいですね…m(__)m

今日は真鯛の顔を見る事は出来ませんでしたが、一つテンヤの釣りは、ルアー釣りをされる方、餌釣りをされる方、どちらの方にも楽しんで貰える釣りだと思うので、是非一度、挑戦してみて下さいね(^_-)-☆

仙台湾フィッシングガイド船 『ノーザン ポセイドン』

仙台湾におけるジギング、ロックフィッシュ、一つテンヤ真鯛、フラットフィッシュ、オフショアキャスティングゲーム、ハゼ釣りまでの釣り場をガイドする遊漁船 『ノーザン ポセイドン号』 塩釜港から出航し、松島~七ヶ浜の近場から、魚の宝庫である牡鹿半島~金華山方面、亘理~相馬沖エリアまで網羅し、皆様の釣りをご案内します!! ご予約・お問合せ: 090-1933-9873 , 023-623-0390 .