6月2日(通常便) 仙台湾一つテンヤ&タイラバ&鯛ジグガイド(>_<)

こういう時に限って、真鯛も何もかも、本当に良く釣れる…σ(^_^;

この週のウィークデーの真鯛狙いでの出船は2連敗中…(*_*)

せっかくの釣り日和の土曜日にも関わらず、真鯛狙いのメンバーを集める事が出来ず、最初にご予約頂いたOさんお一人様での出船になりましたm(__)m

なので、思う存分、自分も釣りしようと、一つテンヤ、タイラバのタックルを万全に準備(^_^)v

釣り始めは、私はタイラバで釣りを始めましたが、Oさんの一つテンヤにばかりアタリが集中…(ノ^^)ノ

すかさず私も一つテンヤに変え(笑)、ホウボウ、カレイを連発o(^-^)o

前回の残りの半分くらいのエビ餌は、あっという間になくなってしまいました…σ(^_^;

でも、真鯛っぽいアタリがあるものの、真鯛が釣れないので、移動しようか悩みながらタイラバを再開…(ノ^^)ノ

すると、タイラバが着底直後に巻きはじめると、違和感を感じ、すぐに重みが掛かって、ラインを出される感じが真鯛っぽい!(^^)!

慎重にやり取りすると、やはり立派な真鯛(^_^)v

61センチでした…(*^^*)

Oさんには、空気の読めない真鯛と言われましたが、確かにその通り…σ(^_^;

でも、自分はめっちゃ嬉しかったんですけどね…(ノ^^)ノ

その真鯛が釣れる直前に、真鯛っぽい映像が魚探に映っていたんですが、その映像が頻繁に映るようなってきました(*^O^*)

すると、Oさんに真鯛っぽいアタリo(^-^)o

真鯛ですか?!とOさんを煽っていると、自分にも先ほどと同じようなアタリが(^_-)-☆

両方とも良く引いたので、ワラサか?と思う場面もありましたが、見事に両方とも立派な真鯛(^_^)v

私のは、65センチの綺麗な魚体の真鯛でしたm(__)m

その後は、いつの間にか真鯛バトルになっていたようで、Oさんが意地の1枚を釣り上げ、2対2の引き分けで終了(*^O^*)

こんなに天気がよくて、風もないどピーカンの天気でしたが、潮が動けば、真鯛は釣れるんですね(^_-)-☆

これから、もっともっと良い時期になると考えると、今年の仙台湾の真鯛は本当に楽しみです!(^^)!

仙台湾フィッシングガイド船 『ノーザン ポセイドン』

仙台湾におけるジギング、ロックフィッシュ、一つテンヤ真鯛、フラットフィッシュ、オフショアキャスティングゲーム、ハゼ釣りまでの釣り場をガイドする遊漁船 『ノーザン ポセイドン号』 塩釜港から出航し、松島~七ヶ浜の近場から、魚の宝庫である牡鹿半島~金華山方面、亘理~相馬沖エリアまで網羅し、皆様の釣りをご案内します!! ご予約・お問合せ: 090-1933-9873 , 023-623-0390 .